ブログ

とめどないラフテー愛 2017

2017年12月28日

こんにちはこんばんわ、想いっきり海ぶどう国際通り店です。

本土では寒さもいっそう本格的になってきたとニュースで耳にしましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日は以前ののラフテー(ラフティー)のお話の続きとして…

名称は中国語に由来し、漢字では

羅火腿

と書くんです。

沖縄そばの具や、正月料理や法事の重箱に用いられる「三枚肉(の煮付け)」と同じような料理であるが、甘辛く濃い味付けで箸で切れるほど柔らかく煮込まれており、薄切りではなくある程度の大きさのある塊のまま、独立した料理として他の具材とは合わせず単品で供される点が特徴です。

※ラフティーという表記も散見されるが、沖縄方言ではラフテーという読みが正しいので覚えておいてくださいね。

脂身をカット?いやいやいやいや!!!とんでもないっす。

沖縄では脂身を方言で「アンダジシー」と言い、(ひどい表現ですがw)「アンダジシーはイナグ(女)ワラバー(子供)にはもったいない!」なんて表現もある程です。

完全に男尊女卑的な表現ですがあくまでもちょっとしたユーモアみたいなもんです。

これは牛肉にも言えることなんですが一般的に肉の旨味を決める大きな要素として「脂」が大きく影響していることはご存知の方も多いとおもいます。

この牛肉はいい「サシ」が入ってますね!なんて言われたり、霜降り信仰も日本人が味覚に敏感なところが顕著に表れているいい例ですね。

そこで、沖縄のラフテーですが前回のブログでもお話したように下ゆでから始まり長時間煮込むことで余分な脂や無駄な脂を落としているのでプルプルのコラーゲンたっぷりの良質な脂身を味わうことが出来ます。

女性の方には説明するまでもなくとても美容にも良いのは言うまでもありませんね。

本当に沖縄には健康に良い食材や料理(調理法)が多くて地元に住んでいる人間ですら改めて感心するほどです。

弊社の姉妹店であるうちな〜だいにんぐ じなんぼうでもここに書いてあるように手作りで時間をかけてしっかり作っています。

時に市販の製品なんかより脂身が多かったり、不恰好に見えるかもしれませんが、それはそれで脂身の美味しさや手作りならではの味わいを楽しんでもらえたらと思います。

 

 

うちな~だいにんぐ じなんぼう

〒900-0013

沖縄県那覇市牧志2-7-24

セゾン宝ビル 地下一階

tel : 098-868-6250

18:00~25:00(フードラストオーダー24:00 ドリンクラストオーダー24:30)

HOTPEPPERグルメ

https://www.hotpepper.jp/strJ001009936/

ぐるなび

https://r.gnavi.co.jp/faup700/

食べログ

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47012186/

沖縄 想いっきり海ぶどう 国際通り店

〒900-0013

沖縄県那覇市牧志3-9-11

嘉数ビル101

tel : 098-996-4993 fax : 098-996-4994

LINE id : umi-budo

instagram : umibudou_okinawa

ホームページ : https://omoiki.com

オンラインショップページ : https://umibudou.official.ec