海ぶどうとは?

海ぶどうができるまで

2017年11月20日

想いっきり海ぶどうで販売している海ぶどうは

沖縄県南部、南城市知念の海で育った海ぶどうです。

海ぶどうは熟練の生産者の元、

水質、太陽光など徹底管理され育っています。

 

海ぶどうの苗の植え付け

海ぶどうは最初はこんなに小さな苗なんです。

ここから夏場で1か月、冬場で2か月ほどかけて太陽の光を浴び、

綺麗な海水の栄養を取り込み成長していきます。

 

毎日生産者により育てられた海ぶどう。

その日の天気や気温、水温によっても状態が変わり、

1日の休めないときもあるそうです。

 

成長した海ぶどうは生産者の手によって1本1本摘み取っていきます。

この時にしっかり粒のついたAランク、Bランク,茎つき

と仕分けされていきます。

 

想いっきり海ぶどうではAランクに仕分けされた海ぶどうのみを仕入れています。

1本1本摘み取られた海ぶどうは

仕分けされた生簀で約2週間ほど入れて休ませます。

そうすることで海ぶどうの摘み取り口をふさぎ、

栄養分が出ないようにし、状態の良い海ぶどうとなります。

 

最高の状態で収穫された海ぶどうは素早くパックづめ、発送され、

鮮度良い、プチプチの状態でお手元に届きます。

生産者の想いのたくさん詰まった

最高級Aランク海ぶどうです。

サラダにいれたり、海鮮丼、お刺身などと一緒にご堪能ください!